【速報】令和3年度補正予算 小規模事業者持続化補助金公募開始

【速報】令和3年度補正予算 小規模事業者持続化補助金公募開始

申請受付開始:2022年3月29日(火)

受付締切:2022年6月3日(金)(締切日当日消印有効)
※事業支援計画書(様式4)発行の受付締切は2022年5月27日(金)です。

———————————————

小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更等に対応するために取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と
持続的発展を図ることを目的とします。本補助金事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、地道な販路開拓等の取組や、その取組と併せて行う業務効率化(生産性向上)の取組を支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。
〇補助上限:[通常枠] 50万円 [賃金引上げ枠] 200万円
[卒業枠] 200万円 [後継者支援枠] 200万円
[創業枠] 200 万円 [インボイス枠] 100万円
〇補 助 率:2/3(賃金引上げ枠のうち赤字事業者については3/4)
〇対象経費:機械装置等費、広報費、ウェブサイト関連費、展示会等出展費(オンラインによる展示会・商談会等を含む)、旅費、開発費、資料購入費、雑役務費、借料、設備処分費、委託・外注

「賃金引上げ枠」
賃金引上げ又は従業員増加で事業規模の拡大を計画する小規模事業者が対象。賃上引上げ条件としては、事業場内最低賃金が地域別最低賃金より+30円以上となる場合です。この条件がすでに達成の場合は、現在支給している事業場内最低賃金より+30円以上が目安です。
補助上限:200万円
補助率:2/3(赤字事業者は3/4へ引上げ、加点による優先採択を行う)

「卒業枠」
販路開拓や売上拡大を計画して小規模事業者の規定従業員数を超えるように事業計画を策定する小規模事業者。
補助上限:200万円
補助率:2/3

「後継者支援枠」
事業承継の予定があり、後継者候補として「アトツギ甲子園」に選ばれた小規模事業者。
≪アトツギ甲子園≫
https://atotsugi-koshien.go.jp/
補助上限:200万円
補助率:2/3

「創業枠」
「認定市区町村による特定創業支援等事業」の支援を過去3年の間に受けて3年の間に開業した小規模事業者。
補助上限:200万円
補助率:2/3

「インボイス枠」

2021年9月30日~2023年9月30日の課税期間で、一度でも免税事業者であった、もしくは免税事業者になると見込まれる事業者の中で、インボイス(適格請求書)発行事業者に登録を行い、販路開拓に取り組む小規模事業者。
≪インボイス制度≫
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/invoice.htm
補助上限:100万円
補助率:2/3

———————————

今回の小規模事業持続化補助金のポイント

令和3年度補正予算の小規模事業持続化補助金では「成長・分配強化枠(賃金引上げ枠・卒業枠)」「新陳代謝枠(後継者支援枠・創業枠)」「インボイス枠」が新しく新設されました。補助上限額のアップ、赤字事業者への補助率引上げなどがありますので、コロナで苦しんでいる事業主は是非とも挑戦してもらいたい補助金になっています。

あわせて「地域資源型」「地域コミュニティ型」の事業者であれば加点されますので該当事業であればさらに採択率はアップします。

それぞれのコースにより、複雑な条件が設定されていますので、ご自身の事業計画がどのコースに該当するかについては

助成金・補助金の専門家、仙台の社会保険労務士→社会保険労務士法人ブレインズまでご相談下さい。