令和4年度中小企業等デジタル化支援事業(デジタル化導入補助)

令和4年度中小企業等デジタル化支援事業(デジタル化導入補助)

デジタル化

事業の目的

業務効率化および生産性向上等を目的とした県内中小企業等のデジタル化の取組について、専門知識のあるアドバイザー派遣及び導入経費を補助して、事業のデジタル化を推進するという事業内容となります。この補助金はデジタル化に新たに取り組む事業者の方々も支援できるよう、アドバイザー派遣を経てから補助金を申請するようなフローとなっています。

事業の流れ

相談受付フォームに入力いただきます。相談受付は令和4年9月9日(金)までですでお急ぎください。

  • 宮城県からの委託を受けた「(一社)宮城県情報サービス産業協会(以下「事務局」)」が内容を確認し、派遣アドバイザーを決定します。
  • アドバイザーが訪問し、事業計画についての助言を行います。アドバイザーの助言を受けた上で、事業計画を策定していただきます。【詳細は下記「2 アドバイザー派遣」参照】
  • 事業計画の策定後、宮城県中小企業等デジタル化支援事業補助金(以下「補助金」という。)の交付申請をしていただきます。具体的な方法については訪問するアドバイザーからご案内します。
  • 内容について県で審査等を行い、交付決定を行います。
  • 補助事業を実施していただきます(事業実施期間中、アドバイザーが進捗を確認しながら適宜助言を行います)。
  • 事業実績報告をしていただき、県で額を確定した上で補助金を交付いたします。
アドバイザー派遣
  • (一社)宮城県情報サービス産業協会(MISA)の会員企業が相談内容に応じて対応します。
  • 費用は無償(1事業社当たり最大3回まで宮城県が負担します。)※最初の相談含む
  • 相談先事務局 (一社)宮城県情報サービス産業協会(MISA)
相談受付期間

相談受付:令和4年8月26日(金)から9月9日(金)まで

補助対象者
  • 宮城県内に本店を有する法人又は県内に住所を有する個人事業主
  • これまでの業務を効率化し、生産性向上、事業拡大等を目的にデジタル化に取り組む事業者
  • 情報通信業を除く業種の事業者
  • アドバイザーとの相談、助言のもとデジタル化に係る事業計画を策定した事業者
  • 過去に「宮城県中小企業等デジタル化加速事業補助金」の交付を受けていない者
補助対象経費
  • ITツール・デジタルサービスのシステム構築費、システム運用関連費
  • (1)を行う上で必要となる機器等整備費、専門家経費、その他の経費
補助率及び補助上下限額

補助率:1/2以内 補助限度額:上限200万円 下限50万円
※事業費の合計額(税抜)が100万円以上から補助対象となります。
※補助下限額未満(50万円未満)の少額補助のご要望を場合、国の「IT導入補助金2022」(別ウィンドウで開きます)が活用できる場合があります。
・事業概要:「中小企業・小規模事業者のみなさんデジタル化しませんか?」(PDF:1,218KB)
・応募要領:「宮城県中小企業等デジタル化促進事業補助金 応募要領」(PDF:626KB)
・よくある質問:「宮城県中小企業デジタル化促進事業補助金 FAQ」(PDF:609KB)

補助金申請書締切日

申請受付期間:令和4年9月30日(金)まで
※申請書提出先
仙台市青葉区上杉1丁目6-10 EARTH BLUE仙台勾当台5階

 (一社)宮城県情報サービス産業協会 宮城県中小企業等デジタル化支援事業補助金事務局

採択予定数

40社程度